硝子体手術

硝子体手術とは

硝子体とは、眼球内部の、水晶体より奥にあるゼリー状の組織で、眼球の形を保ち、外力からのショックを吸収する役割があります。
この組織が炎症・出血することにより様々な疾患を引き起こします。

眼内の出血・濁り・増殖した組織などを硝子体ごと除去する手術が網膜硝子体手術です。

適応疾患

糖尿病網膜症

黄斑部浮腫

網膜静脈閉塞症

黄斑円孔

網膜剥離

硝子体出血

網膜前膜

網膜下出血

黄斑部浮腫

緑内障手術について

当院では最新の手術装置を導入し、切開創を極小に抑えた手術を行っております。
感染症・合併症のリスクも少なく、日帰り手術が可能です。
ご相談下さい。

 

診療内容

CONTACT

お問い合わせ・ご予約はお電話で