多焦点眼内レンズによる白内障手術

更新日:2020年9月10日

2020年4月より保険外併用療養費制度内の『選定療養』という枠組みで、「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」が行えるようになりました。


2020年3月までの『先進医療』という制度では、多焦点眼内レンズの費用以外の白内障の手術自体も保険適応外となって全額が自費か、先進医療特約保険に入られている方はその分が保険会社から給付されていました。


『選定療養』では追加費用を負担することで、保険適応の治療と保険適応外の治療を併せて受けることができる制度です。

多焦点眼内レンズを選択された場合に増える費用(#)についてのみ 自費で追加費用をお支払い頂くことで白内障手術を受けることができるようになりました。



用語の説明

*単焦点眼内レンズ:保険適応のレンズで通常使用されるレンズです。遠方若しくは近方のいずれかへ焦点を合わせる為、殆どの方で眼鏡が必要となります。


*多焦点眼内レンズ:保険適応外のレンズで患者さんが選択されることにより、レンズの持つ多焦点機構により遠方・近方共に視力回復が可能となり、眼鏡を必要とすることがかなり減ります(その減り方には個人差があります)。


*多焦点眼内レンズの場合に増える費用(#):単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの代金の差額+多焦点眼内レンズを選択する場合に必要とされる手術前後の追加検査代金です。