白内障手術前に気をつけたいこと

手術前にご注意いただきたいこととして、当院では術前のコンタクトレンズの使用の中止をしてもらうこと、術前から抗菌薬の点眼をしてもらうこと、十分に睡眠をとってリラックスしてもらうこと、手術当日の化粧の中止をお願いしています。

特にハードコンタクトレンズを手術の前の検査のためにしばらくお休みして頂くことがあります。専門のスタッフがお知らせ致しますのでご安心下さい。

医師との面談、専門スタッフとの相談を行うことによって、術後の見え方のご相談をしてまいります。手術に関係することはなんでもご相談下さい。



手術では、濁った水晶体を新しい人工のレンズに交換いたします。人工のレンズも日々変わってきており進化しています。

お一人お一人のライフスタイルに合わせてレンズ決定をしていきましょう。



手術後にご注意いただきたいこととして、感染防止のために目を押さえない・こすらないこと、洗顔やお化粧は控えてもらうこと、抗菌薬の点眼を行うこと、アルコールやたばこを控えてもらうことをお願いしています。




手術に使用する眼内レンズは柔らかく安全なアクリル素材で出来ているうえ、メンテナンスの必要はありません。このレンズは「50年は使用出来ます」ので一生もののレンズとなります。しかしながら、術後炎症が起きやすい方は点眼をして頂く方がその方に向いていることがあります。また、ご自分の残した水晶体の袋(人工のレンズを格納するために残しています)が濁って来ることがありますので、そのときはレーザー光線治療にて術直後の見え方に回復することができますので一概にメンテナンスゼロとは言えないかもしれません。